主人のお給料仕事に見合っていない7

主人の仕事は機械メンテナンスです。会社から要望のある大手企業に出向してメンテナンスを行います。4部門を会社が請け負っていてそれぞれ部門に入り仕事を始めます。機械が動いていればメンテナンスはできませんが、動いている途中でもトラブルが機械におきれば今迄動いていた機械の暑さで身体中汗まみれ、油まみれになって時間を急がされる事もあり昼も食べずにという事が多々あるのです。機械が動いていない時ようするに会社がお休みの時の仕事が日常茶飯事かと言ってお給料割り増し無し。ただお正月、お盆の長期休みは割り増しが有ります。といっても家族にしてみれば年末年始12月27日あたりから1月1日から三が日どうでしょう。たまにはゆっくり家族とお正月をすごしたいと思うのは贅沢でしょうか。子ども達が小さい時は本当に可哀想な思いをさせました。デモ主人のように一般の方々のお休みと同じ人ばかりはいません。それはわかっていますがこの仕事でのお給料が私にはとても納得いかないと思うのです。ボーナスも年間 一ヶ月です。会社自体零細企業かもしれませんが経費等全くかからないのだからもっとでてもいいはずといつもお給料日とボーナス時期には主人に心からありがとうと言って今家族が元気に過ごせるのも主人のおかげと伝えています。主人は出ないものは仕方ないと割り切り文句言わず働いてくれています。
【過払い請求】ニッセンの過払い金請求はこちら。まずは無料相談

07収入と支出について、考えてみました。

家で働くようになって、収入が減りました。
派遣社員の時が良かったのですが、自分が選んだことですので、自分で解決したいと思いました。
そこで、収入を少しでも増やし、支出を減らす工夫をしてみました。
家では働く時間を自分である程度決められますので、労働時間を増やしてみました。
そして、本業以外の収入を増やしてみることにしました。
最初はアンケートモニターをしてみることにしました。
ただ、限度があることと、地方ではモニターの仕事が少ないので、クラウドサービスを副業代わりにしてみました。
私の場合、個人事業主ですので、副業という概念はありません。
仕事先に遠慮することもありませんので、体調さえ気をつけたら、仕事を他にすることも可能です。
支出を減らす点については、まずスーパーやコンビニに行かないようにしました。
これは大きく違いました。以前はしょっちゅう、スーパーやコンビニに行っており、よく買い物をしていました。
一日何百円もの出費がなくなったので、月数千円はあった無駄遣いがなくなりました。
そして、貯金通帳の記帳と出金を月1回にしました。
クラウドサービスでは月2回収入を得られますが、何度か通帳記帳をしていたら、ついお金を引き出したくなります。
そこから、無駄なお金を使ってしまうきっかけになりそうなので、ATMに行くことを月1回に控えています。
他にも、収入を増やす・支出を減らす手立てがあるように思いますので、これからも工夫していきたいと思っています。
休日 お金を借りる