最近ついに4年間をともにしてきたルーが、本当に俺になついた。
今までは、ルーは俺を格下に見ていたらしく、ほとんど俺に甘えることがなかった。
なので、俺もたいしてルーを可愛がることなく。
両者はたんたんと毎日を過ごしていた。
それにしても、4年もたった。
1年、2年じゃない。
3年でもない。
4年。
ちょっとこれはまずいと思った。
トイレ掃除、ご飯とお水をあげることを抜かすと、これは思い出が残らんべと思って、なんだか気持ちが寒くなった。s
そこで、俺は今までなでてきた、優しいなでかたではなく、俺がぶんたのことをなでていたように、力強くなでてみた。
嫌がるかなあと思っていたら、なんと幸いにも、ルーはそのほうが嬉しかったらしく、しばらく俺のそばから離れなかった。
やっぱり愛されると愛したいと思うし、愛したいと思うと、それを形にしたいものである。
今もルーは俺の足元にきて、くつろいでいる。
嬉しいなあ。
もっともっと長生きをしろよ。

コメントを残す