主人のお給料仕事に見合っていない7

主人の仕事は機械メンテナンスです。会社から要望のある大手企業に出向してメンテナンスを行います。4部門を会社が請け負っていてそれぞれ部門に入り仕事を始めます。機械が動いていればメンテナンスはできませんが、動いている途中でもトラブルが機械におきれば今迄動いていた機械の暑さで身体中汗まみれ、油まみれになって時間を急がされる事もあり昼も食べずにという事が多々あるのです。機械が動いていない時ようするに会社がお休みの時の仕事が日常茶飯事かと言ってお給料割り増し無し。ただお正月、お盆の長期休みは割り増しが有ります。といっても家族にしてみれば年末年始12月27日あたりから1月1日から三が日どうでしょう。たまにはゆっくり家族とお正月をすごしたいと思うのは贅沢でしょうか。子ども達が小さい時は本当に可哀想な思いをさせました。デモ主人のように一般の方々のお休みと同じ人ばかりはいません。それはわかっていますがこの仕事でのお給料が私にはとても納得いかないと思うのです。ボーナスも年間 一ヶ月です。会社自体零細企業かもしれませんが経費等全くかからないのだからもっとでてもいいはずといつもお給料日とボーナス時期には主人に心からありがとうと言って今家族が元気に過ごせるのも主人のおかげと伝えています。主人は出ないものは仕方ないと割り切り文句言わず働いてくれています。

24プレゼン番組が好きです

聖愛kつの知恵的なことですが、まあ、直接的に、これをして、お金が儲かるということでもないのです
ただ、結構、世の中って、仲間であることによってささえられているというkとがあると思うのです。
そこで、定年退職を迎えた人もそうだし、専業主婦もそうだし、仲間というか、組織を失た人の弱さって、おびえる人が多いのです。個人的にも、そちらを経験しています。
お金まで入ってこないのです
守ってくれた肩書もないのです。きれいで大きく頑丈な建物にも通うことはできません
仲間として認めてくれる場祖がなくなるのです。
もちろん、子供がいたら、PTAなどがあるではありませんかといいますが、これって、夢中になれることでもないし、無償です。
無償というのは、なかなか、自分の価値がわからないのです。価値がなくてもいいというのは、よほどの考えのちゃんとできている人だと思います。
そこで、よく、学問の世界で、幸福になるには、とか、成功する秘訣というテレビのプレゼン番組をよく見ています。これも、結構、安心感につながります。
同じだと思うようなことも多いです。
考え方ですが、その番組を見ることも好きなのかそうでないかと好みによりますが。
大宮 お金借りる